補助制度等のご紹介

UIJターン希望者がご利用可能な
補助制度のご案内

大分県内市町村毎に補助制度をご覧いただけます。

大分県(面接時の交通費実費や宿泊費を補助)

大分県UIJターン希望者面接支援補助金

県内企業への面接の際に要する旅費・宿泊費の一部を補助
対象者
1.現在の勤務地が大分県外の者
2.現在無職で、直近の勤務地が大分県外の者
3.大分県外の学校(大学(院)・高専・短大・専門学校・高校等)の未就職卒業生
4.大分県外の学校(大学(院)・高専・短大・専門学校等)に属し、卒業年次の者

大分市

移住者居住支援事業

新築、購入、改修、賃貸や引越しに要する費用を補助
対象者
県外に住所を有する方、移住して1年以内の方
上限額
135万円

中津市

中津市移住・定住支援事業

空き家バンク物件の改修費用の1/2を補助
対象者
空き家バンクで成約した方
上限額
50万円
空き家バンク物件の仲介手数料の10/10を補助
対象者
空き家バンクで成約した方
上限額
5万円
空き家バンク物件のケーブルネットワーク加入に要する費用(加入分担金)の1/2を補助
対象者
空き家バンクで成約した方
上限額
3万円
空き家バンク物件の家財等処分に要する費用の10/10を補助
対象者
空き家バンクで成約した方
上限額
10万円
Uターン住宅の改修に要する費用の1/2を補助
対象者
3親等以内で、5年以上実家に住所を有していなかった方
上限額
50万円

日田市

移住奨励金事業

市外から転入した世帯に移住奨励金を交付
対象者
Uターン世帯および若者(39歳以下)世帯
上限額
5万円(Uターン世帯)
10万円(若者世帯)

移住者ひた暮らし支援事業

空き家バンク物件の購入、改修、賃貸や引越しに要する費用を補助
対象者
空き家バンク利用登録者
上限額
内容により異なる

佐伯市

ようこそ佐伯住まいるサポート事業

住宅建設に要する費用の1/2を補助
対象者
佐伯市へ移住する方
上限額
120万円
住宅購入に要する費用の1/2を補助
対象者
佐伯市へ移住する方
上限額
110万円
住宅改修に要する費用の2/3を補助【空き家バンク登録物件のみ】
対象者
佐伯市へ移住する方
上限額
100万円(購入とあわせて)
住居の仲介手数料の全額を補助
対象者
佐伯市へ移住する方
上限額
5万円
引越に要する費用の2/3を補助
対象者
佐伯市へ移住する方
上限額
20万円
家財処分に要する費用の全額を補助【空き家バンク登録物件のみ】
対象者
佐伯市へ移住する方
上限額
10万円

佐伯市お試し滞在補助制度

宿泊費用(実費)の1/2を補助
対象者
20歳以上45歳未満の方で、佐伯市への移住活動を行う方
上限額
4,000円(同行者がいる場合は8,000円)
交通費補助(地域により定額)
対象者
20歳以上45歳未満の方で、佐伯市への移住活動を行う方
上限額
2万円

臼杵市

移住支援補助金

仲介手数料の10/10を補助
対象者
市外から移住する方
上限額
5万円以内
引越しに要する費用の2/3を補助
対象者
市外から移住する方
上限額
20万円(県内10万円)
移住奨励金の支給
対象者
市外から移住する方
上限額
5万円

定住促進住宅取得補助

住宅の新築に要する経費の1/10を補助
対象者
市外から移住する方
上限額
100万円
新築・中古住宅の購入に要する経費の1/10を補助
対象者
市外から移住する方

若年・子育て世帯家賃補助金

若年夫婦(40歳以下)に対し、共益費を除いた月額家賃の1/2を補助
対象者
市外から移住する方
上限額
月1万5000円(最長24月)
子育て世帯(中学生以下)に対し、共益費を除いた月額家賃の1/2を補助
対象者
市外から移住する方
上限額
月1万5,000円(最長36月)
若年単身者(40歳以下)に対し、共益費を除いた月額家賃の1/2を補助
対象者
市外から移住する方
上限額
月1万円(最長24月)

Uターン支援住宅改修補助金

空き家になっている実家等の改修に要する費用の1/2を補助
対象者
臼杵市にUターンする方
上限額
50万円

津久見市

移住者居住支援事業補助金

住居の仲介手数料の10/10を補助
対象者
市外から転入する方
上限額
5万円
空き家バンク物件を購入した際の家財処分費用の10/10を補助
対象者
市外から転入する方
上限額
10万円
住宅の新規建設・購入費用の10/10を補助
対象者
市外から転入する方
上限額
100万円
空き家等の改修に要した費用の2/3を補助
対象者
市外から転入する方
上限額
100万円
引越業者を利用した際の費用の2/3を補助
対象者
市外から転入する方
上限額
20万円
移住奨励金の支給
対象者
市外から転入する方
上限額
10万円

新婚世帯・子育て世帯家賃等補助金

新婚世帯もしくは子育て世帯が、市内の賃貸住宅に転入・転居をした場合、最大2年間の家賃補助(上限10,000円、加算あり)を行う。その他に仲介手数料補助、引越補助、移住奨励金を用意。
対象者
市外から転入する方・市内の転居者
上限額
63万円

竹田市

竹田市移住奨励金

県外からの移住者又は移住した世帯に対し、1世帯1万円(1回限り)を交付
対象者
県外から移住する方
上限額
1万円

短期滞在費助成金

竹田市への移住を目的に市内に連続して2日以上宿泊する場合、1人1泊3,000円を上限に2泊分の宿泊費を助成(上限2泊まで)
対象者
移住希望者
上限額
6,000円

豊後高田市

女子ターン奨励金

単身女性が、定住を目的に本市に転入する際に奨励金を支給
対象者
県外に居住している単身女性
上限額
10万円

子育て世代いらっしゃい引越し応援金

子育て世帯が転入する際、引越し業者に支払う費用を助成
対象者
市外から転入した子育て世帯
上限額
10万円

ウェルカム未来の高田っ子応援金

子育て世帯が市内に移住した場合、応援金を支給
対象者
県外から転入した子育て世帯
上限額
10万円

孫ターン奨励金

祖父母の実家本市にある場合、本市に転入する際に奨励金を交付
対象者
豊後高田市内に祖父母の実家があり、市外から転入する方
上限額
10万円

愛ターンお婿さん奨励金

妻の実家が本市にある場合、本市に転入する際に奨励金を交付
対象者
県外から転入した子育て世帯又は夫婦で、妻の実家が豊後高田市にある世帯
上限額
10万円

ハッピーマイホーム新築応援奨励金

市内で住宅を取得した際に奨励金を交付
対象者
市内で住宅を取得した方
上限額
70万円

仲介手数料助成金

空き家バンク登録物件について、賃貸借契約等の手数料分を補助
対象者
空き家バンク登録物件に入居した世帯
上限額
5万円

空き家リフォーム事業補助金

空き家バンク登録物件の改修等に要する費用を補助(①改修上限40万円、②撤去上限10万円、③仏壇処分上限5万円、④入居者決定後のハウスクリーニング上限3万円)
対象者
空き家バンク登録物件に入居した世帯
上限額
58万円

空き家DIY奨励金

空き家バンク登録物件の利用者が自ら行なう改修や、設備改善に必要な原材料費(木材のみ)を補助
対象者
空き家バンク登録物件に入居した世帯
上限額
10万円

レンタカー費用奨励金

空き家バンク登録物件を見学するためのレンタカー代を補助
対象者
空き家バンク利用登録者
上限額
1万円

お帰りなさい住宅改修事業補助金

Uターン者が、市内にある自宅の改修を行う際の費用を補助
対象者
豊後高田市にUターンする方
上限額
40万円

その他

移住者向けに真玉・都甲地区に土地代無償の分譲地を準備

杵築市

定住促進補助金

新築住宅の購入に要する費用を補助
対象者
県外から転入する方
上限額
60万円
新築住宅を購入した場合、引越費用を補助
対象者
県外から転入する方
上限額
20万円
新築住宅を購入した場合、仲介費用を補助
対象者
県外から転入する方
上限額
5万円

空き家改修費等補助金

空き家バンクに係る改修費用を補助
対象者
県外から転入する方
上限額
60万円
空き家バンクに係る家財処分費用を補助
対象者
県外から転入する方
上限額
10万円
空き家バンクに係る仲介手数料を補助
対象者
県外から転入する方
上限額
5万円
空き家バンクに係る引越費用を補助
対象者
県外から転入する方
上限額
20万円

オーダーメイド型お試し滞在

最長7泊まで無料で利用できる宿泊施設を提供

宇佐市

空き家家財道具処分等支援事業

空き家バンク物件において賃貸借契約を締結した際、家財道具撤去にかかる費用の10/10を補助
対象者
貸人又は借人
上限額
15万円

空き家改修事業

空き家バンク物件において賃貸借契約を締結した際、改修にかかる費用の2/3を補助
対象者
貸人又は移住者
上限額
100万円

空き家活用型支援事業

周辺地域にある空き家バンク物件又は空き店舗にて起業を行う場合に、起業に伴う増改築費用、設備設置にかかる費用等の一部を補助(補助率1/2)
対象者
市外から移住する方
上限額
50万円(市外)・100万円(県外)

県外UIターン者移住支援事業(新築・空き家購入支援事業)

新築費用、新築住宅購入費用及び空き家バンク物件の購入にかかる費用の一部を補助(空き家の場合は、補助率1/10で、空き家改修事業と併用する場合は、合算にて100万円まで補助)
対象者
県外から移住する方
上限額
100万円

県外UIターン者移住支援事業(引越し支援事業)

引越し業者又は運送業者に支払った費用の2/3を補助
対象者
県外から移住する方その他の要件があります。
上限額
20万円

県外UIターン者移住支援事業(移住奨励金)

市内にUIターンをした場合に移住奨励金を支給
対象者
県外から移住する方その他の要件があります。
上限額
10万円

豊後大野市

定住促進対策事業

持家取得にかかる費用の一部を補助
対象者
豊後大野市に転入する方
上限額
新築150万円・中古80万円

定住促進空き家対策事業

空き家改修費にかかる費用の2/3を補助
対象者
豊後大野市に転入する方
上限額
購入150万円・賃貸80万円
引越しにかかる費用の2/3を補助
対象者
豊後大野市に転入する方
上限額
20万円
不動産契約仲介手数料の一部を補助
対象者
豊後大野市に転入する方
上限額
5万円
空き家家財道具等の処分にかかる経費の1/2を補助
対象者
豊後大野市に転入する方
上限額
10万円
市外からの移住者に対し奨励金を支給
対象者
豊後大野市に転入する方
上限額
定額10万円
多世代(三世代)住居改修にかかる費用の2/3を補助(市内業者施工限る)
対象者
豊後大野市にUターンする方
上限額
150万円
お試し滞在施設を1日1,000円で利用可(最大30日)
対象者
市外に在住の方

由布市

定住促進住宅リフォーム事業補助金

由布市空き家バンクを通して契約が成立した場合に、リフォーム工事費の1/2を補助
対象者
空き家バンク制度を利用する方
上限額
100万円(売買)・50万円(賃貸)

定住促進住宅利用仲介手数料助成金

由布市空き家バンクを通して契約が成立した場合に、契約にかかった仲介手数料の全額を助成
対象者
空き家バンク制度を利用する方
上限額
5万円

由布市移住体験支援事業

先輩移住者との交流や農泊等の体験
対象者
由布市への移住を希望する方(事前登録制)

創業支援事業補助金

市内での創業者または創業を志す方に対し、創業時に必要な費用を助成。
対象者
市内での創業者または創業を志す方
上限額
100万円

国東市

国東市空き家活用支援事業

国東市空き家バンクを利用して成約した際に①住宅改修費用2分の1、②引越費用10分の10、③家財道具処分費用10分の10を補助
対象者
国東市にUIJターンする方
上限額
①50万円 ②15万円 ③5万円

国東市就業ムービング応援補助金

新たに就職が決まり、国東市へ移住をされる方へ引越し費用の一部を補助
対象者
国東市にUIJターンする方
上限額
10万円

移住シングルペアレント生活応援事業

公営・民間が経営する賃貸住宅に入居した場合、家賃及び引越し費用の一部を補助
対象者
国東市にUIJターンする方
上限額
月2万円(家賃補助、上限36カ月)・30万円(引越費用)

国東市あったか家族マイホーム新築・購入応援奨励金

住宅の新築および中古物件の購入をした際、取得費の1/2相当の奨励金を支給。さらに18歳未満の子どもにつき一人当たり10万円加算
対象者
国東市にUIJターンする方
上限額
150万円(県外)・100万円(市外)

国東市Uターン支援住宅改修補助金

国東市へUターンするために、空き家となっている自己、または3親等内が所有する家屋を改修する対象工事費2分の1を補助
対象者
進学、就職などのために市外において居住していた市内出身者
上限額
50万円

姫島村

定住促進事業

公共団体を除く事業所又は自営業者に就業した後、6ヶ月を経過した方にU・Iターン奨励金を支給
対象者
姫島村にU・Iターンして村内に定住する方

日出町

移住者居住支援事業補助金

仲介手数料を補助
対象者
県外から移住する方
上限額
5万円
引越しに掛かる費用の2/3を補助
対象者
県外から移住する方
上限額
20万円
家財処分に掛かる費用を補助
対象者
県外から移住する方
上限額
10万円
移住奨励金の支給
対象者
県外から移住する方
上限額
10万円

九重町

空き家・土地バンク制度

九重町に定住していただく為の空き家をご紹介する制度
対象者
九重町に移住を希望する方
上限額
詳しくはお問い合わせください

移住者居住支援事業補助金

九重町の空き家バンク利用者で物件契約が成立し九重町に定住をされる方に対しての各種補助(空き家改修、仲介手数料、家財処分等各種補助金)。条件等詳しくはお問い合わせください。
対象者
九重町の空き家バンク利用者で、物件契約が成立し九重町に定住をする方
上限額
詳しくはお問い合わせください

玖珠町

月額3万円でお試し暮らし住宅の利用が可能
対象者
玖珠町へのUIJターンを希望する方
上限額
3万円